STORY

カリフォルニア州のビーチで連続して人がサメに襲われる事件が発生、サメの研究者であるウェストウィン博士が調査に乗り出す。
しかしそのビーチでは巨大リゾート施設「レガッタ」のオープンを祝した盛大なパーティが予定されていた。
絶大な権力を持つオーナー・ロバートは周囲の警告を聞き入れずパーティーを強行しようとするが、サメのDNAにとある異常が見つかり…。

INTRO / SPEC

今度のサメは”海”に出る!
日本からも出資が行われたクラウドファンディング型サメ映画、ついにリリースです。

出演は『死亡遊戯』のメル・ノヴァク、『ゴースト・シャーク』のぽっちゃりさんミック役ショーン・C・フィリップス、アサイラム作品”Elvis Lives!”(日本未リリース)では主演と務めた”アサイラムの秘密兵器” ジョナサン・ネイションなどなど、豪華出演者の活躍も見逃せない!

監督するのは、名匠 マーク・ポロニアに続く…カルト映画の超新星ダスティン・ファーガソン。
ファーガソン監督は時代を取り入れた”5G ZOMBIES”やクモ×竜巻の”Arachnado”など気になるタイトルを次々とリリースし続けており、2020年には年間監督作品数はなんと20本オーバー!
今後の活動が目が離せない監督の1人です。ダスティン・ファーガソン、この名前どうぞご記憶ください。

監督:ダスティン・ファーガソン                 
キャスト
メル・ノヴァク
レイモンド・ヴィンシク・ウィリアムズ
ミア・スコッツァフェイブ
タム・マイケル・マリガン
ブリンク・スティーブンズ
ダウナ・リー・ハイシング
ショーン・C・フィリップス
ジョナサン・ネイション

2021年/アメリカ/75分
© 2021 Wild Eye Releasing. All rights reserved.

ソアヌツ シツ ィアオク の秘密

『サメデター』のキャッチフレーズに採用されている呪文のような言葉「ソアヌツ シツ ィアオク」。
「意味不明…」、「何これ?」という声も届いておりますので、説明させていただきます。

この不思議な言葉「ソアヌツ シツ ィアオク」は、アメリカで制作段階に作られたビジュアルイメージ(ポスター)に添えられていた言葉なのです。

本作を日本リリースするにあたり、いくつかキャッチフレーズ案が考えられましたが、下記のような理由から採用に至りました。

①字面のインパクトが強烈なこと
②声に出して読んでみると語感も良いこと
③本編のどこか謎めいた内容にも合うこと

採用決定時点では、特に言葉の意味自体は確認はしておりませんでした。

しかし、後になり気になりましたので、本作監督のダスティン・ファーガソン監督に「ソアヌツ シツ ィアオク」の意味を確認したところ、「JAWS IS BACK」を無理矢理カタカナに当てはめたものということが判明いたしました。

と、いうことで「ソアヌツ シツ ィアオク」の本来の意味は「JAWS IS BACK」ですが、日常会話やSNSなどで語尾などに混ぜて”サメデター表現”などで楽しくお使いいただければと思っております。

ソア、ヌツに出シツ読んでみてくださィアオク
(さあ、声に出して読んでみてください)

 \ソアヌツ シツ ィアオク/

powered by crayon(クレヨン)